DeNAドラ1 上茶谷、20日デビューへ「NO!アピール」の精神

[ 2019年2月20日 06:08 ]

DeNA・春季キャンプ ( 2019年2月19日 )

DeNAの上茶谷
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・上茶谷(東洋大)が「NO!アピール」の精神で初の実戦に臨む。20日のロッテ戦(宜野湾)に先発。2イニングを投げる予定の右腕は「あんまり“抑えよう、抑えよう”と思わず、しっかり自分のポイントを整理して投げたい。その結果、抑えられればいい」と話した。

 当初はもちろん、新人選手として「アピールを、という思いはあった」と上茶谷。しかし先輩の今永から「今から焦って“アピール、アピール”と考えるな。(飛ばしすぎると)シーズンで落ちるぞ」とアドバイスされたという。最速151キロの即戦力ルーキー。自分の力を信じて、焦らずじっくり、かつ冷静にデビュー戦を迎える。

 19日はブルペンで18球を投げて最終チェック。テーマは「真っすぐで強気に攻める」で、ロッテのドラフト1位・藤原について聞かれると「初ホームラン(の相手)とか、やだな…。打たれたくはないです」と口元を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月20日のニュース