ヤクルト新加入の寺原、初実戦で2回零封「がむしゃらに…やっとスタート切れた」

[ 2019年2月17日 18:29 ]

<練習試合 ヤ・中>3回から救援し2イニング無失点のヤクルト2番手・寺原(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトに新加入した寺原が今キャンプ実戦初登板。2番手で2回を投げ、中日打線を無安打無失点に抑えた。立ち上がりから低めにボールを集める丁寧な投球。2イニング目はモヤに対して3ボール1ストライクとカウントを悪くしたが、ファウルで逆に追い込み、最後は140キロのシュートで空振り三振を奪う、プロ18年目のベテランらしい老かいな投球術を披露した。

 「がむしゃらに、という思いで投げた。やっとスタートが切れた」。ソフトバンクを自由契約になり、4球団目のユニホームとなったヤクルトでは先発を期待されている。

 「もう1度、2桁勝利したい」

 寺原の新天地での挑戦が始まった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース