槙原氏、今年の巨人打線に期待 一番嫌らしいのは「2番・坂本、3番・丸」

[ 2019年2月17日 09:00 ]

練習試合   巨人11―1サムスン ( 2019年2月16日    沖縄セルラー )

初回1死満塁で打者ビヤヌエバの時、暴投で生還した丸(右)(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 【槙原寛己 CHECK!】2番に入った丸が3打席連続タイムリーなら6番のビヤヌエバは初回、インハイの真っすぐに詰まりながら左越え二塁打。逆風じゃなかったらスタンドに入っていた。新戦力だけじゃない。3年目を迎え、体に1本芯が通った吉川尚が3打席連続安打だ。

 期待が膨らむ今年の巨人打線。外国人を投手、野手2人ずつにするか投手3人、野手1人にするかを含め、いろんなバリエーションが考えられるが、投手目線で見たら、この日の並びはそう嫌じゃない。1、2番が左で3番以下は右打者。右が続けば、1球いい球がいったら同じ軌道で投げ続けられる。左右ジグザグなら一人一人軌道を変えなければならない。疲れるのだ。

 私が対戦するとして一番嫌なのは――。2番打者最強説にならって坂本勇を2番にし、丸は3番。1番から吉川尚、坂本勇、丸、岡本と4番までジグザグの打線だ。下位に亀井、立岡、阿部ら左をもう一枚挟めば、もっと嫌らしい打線になる。(スポニチ本紙評論家k)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース