古巣復帰のDeNA古村 最速147キロで零封「小さな一歩を踏めた」

[ 2019年2月17日 05:30 ]

練習試合   DeNA5―3ヤクルト ( 2019年2月16日    浦添 )

ヤクルトとの練習試合に登板したDeNA・古村
Photo By 共同

 打撃投手や独立リーグを経て5年ぶりに古巣復帰したDeNA・古村が、5―3の9回に登板して無失点。

 「めちゃめちゃ緊張しました」と振り返ったが、直球の最速は147キロを計測。貴重な左の中継ぎ候補は「小さな一歩を踏めたと思う。その一歩一歩が大きなものになってくる。どんどん内容を上げていきたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース