DeNA・中井 マルチ安打で古巣・巨人に“恩返し” 存在感アピール

[ 2019年2月17日 14:42 ]

練習試合   巨人―DeNA ( 2019年2月17日    沖縄セルラー )

<巨人・DeNA練習試合>6回2死一塁中井はタイムリー二塁打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人を戦力外となり、DeNAに新加入した中井大介内野手(29)が17日、巨人との練習試合に「5番・三塁」で先発出場。第1打席でいきなり安打すると、第3打席には適時二塁打を放ち、古巣相手に“恩返し”した。

 2回1死から巨人の左腕・メルセデスのスライダーを捉え、左前に運び、6回2死一塁からは右中間に適時二塁打。前日16日には、古巣との対戦を前に「公式戦ではないので特に意識はしないですが、打席に立ったときにどうなるか。“横浜で頑張っているな”と思ってもらえるようなプレーをしたい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース