広島ドラ2島内、開幕1軍見えた!直球で押して2回完全「自信にしたい」

[ 2019年2月17日 05:30 ]

広島紅白戦   紅組4―1白組 ( 2019年2月16日    コザしんきん )

紅白戦で2回完全投球の島内 (撮影・中村 与志隆)
Photo By スポニチ

 広島のドラフト2位・島内颯太郎投手(22=九州共立大)が目標の開幕1軍入りへ前進した。小気味よい好テンポの投球だった。沖縄2次キャンプ初の紅白戦で、ルーキー・島内は同点の3回に紅組の2番手として登板。球数20球で打者6人、2イニングを完全に抑え、首脳陣を何度もうなずかせた。

 「直球に詰まる場面があったので自信にしたい。課題のスライダーでカウントを取れたし、チェンジアップが思った所に投げられたのもよかったです」

 ベテラン・石原のリードにも物おじしなかった。1ボールから先頭・野間への2球目。「カウントを取りたかったので」。チェンジアップの要求に敢然と首を振り、直球で3球ファウルを打たせると、最後は決め球のフォークで一ゴロだ。

 さらに自慢の直球で菊池涼、松山、会沢、坂倉を抑えれば、バティスタは初球スライダーで捕邪飛に斬った。日南キャンプ中の10日にあったシート打撃でも、田中広や鈴木ら打者6人を無安打に抑えており、佐々岡投手コーチはニンマリだ。

 「実戦派の感じがする。ビックリするブルペンではないけど、甘い球でも差し込まれたり、タイミングが取りづらそう。見た目以上に打ちづらいのかも」

 視察に訪れた他球団の007も当然、警戒心を強めている。中日の鈴木義広スコアラーは「ボール先行後の直球を打者が仕留め切れていない。手元で速い球質。フォークで簡単に空振りが取れると、警戒する球種も増えてくる」と悩ましげに分析した。

 投球練習では才能を隠し、いざマウンドに登るとキバを剥(む)く。島内自身、課題を念頭に置いて投げるブルペンより「実戦の方が腕を振れていると思う」としつつ、確たる信頼を得るために自分を決して甘やかさない。

 「今日はよかったけど、毎回いいかわからない。直球と変化球両方でカウントが取れ、決め球に使えるように練習していきたい」

 開幕ローテーション入りへ、好スタートを切った本格派右腕。次回登板が楽しみだ。(江尾 卓也)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース