巨人・吉川尚1番で存在感!3安打で丸の適時打演出

[ 2019年2月17日 05:30 ]

練習試合   巨人11―1サムスン ( 2019年2月16日    沖縄セルラー )

2回無死一塁、吉川尚は右前打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・吉川尚がリードオフマンの仕事を果たした。今季初の対外試合で1番に起用され、3打数3安打。初回に右中間フェンス直撃の三塁打を放って丸の先制打を演出し、その後の2安打も丸の適時打につなげた。「今日はたまたま打てただけ。後ろにいるバッターが凄い方々なので」と控えめだったが、十分に存在感を見せた。

 1番に俊足巧打の吉川尚を固定できれば、2番・丸、3番・坂本勇、4番・岡本と強打者を並べることができ、得点力アップが期待できる。丸も「塁に出れば嫌なランナーになってくれるので、僕も配球が組み立てやすくなる」と1、2番の相乗効果を語った。正二塁手候補の吉川尚は「次(の試合)も何とか塁に出られたらいい」と意気込みを口にした。 (岡村 幸治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース