日本航空石川の上田&原田が明大野球部入寮「早く神宮でプレーを」

[ 2019年2月17日 18:18 ]

明大島岡寮に入った日本航空石川の上田(左)と原田
Photo By スポニチ

 明大のスポーツ特別入試に合格した日本航空石川の上田優弥、原田竜聖両外野手が17日、東京・府中市の明大野球部・島岡寮に入った。

 上田は1メートル86、103キロの大型左打者。高校通算30本塁打をマークした久々の長距離砲。原田は昨年春のセンバツ3回戦の明徳義塾戦、0―1の9回裏無死一、二塁から初球を左翼席へ逆転サヨナラ3ランを放つなど3番打者として勝負強い打撃がウリ。2人とも「早く大学野球のレベル慣れて神宮でプレーしたい」と話し、意欲満々だった。すでに他の13人は入寮、練習に参加している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース