張本勲氏 キャンプで好調の打者をバッサリ「今なんぼ打っても意味ない」

[ 2019年2月17日 10:12 ]

野球評論家の張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球解説者の張本勲氏(78)が17日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。プロ野球のキャンプで好調の各球団主力打者に「今なんぼ打っても意味ない」とバッサリ斬った。

 番組では、前日16日の練習試合で3打席連続適時打を放った巨人・丸など各球団の主力打者が、実戦で好調ぶりをみせていることを紹介したが、張本氏は「今なんぼ打っても意味ない。気分はいいわね、結果が良いから。ただ8対2でバッターの方が出来上がりが早いからなんぼでも打てる。オープン戦まではそんな意味ないんだ」と語った。

 ゲスト出演した掛布雅之氏(63)も「昨年のロサリオの一件がありますんで…」と、キャンプで好成績を残したが、シーズンでは成績が伸びず、1年で退団した元阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)を例に挙げ「今打つ打たないというのは、本当に張本さん言うように意味はありません」と同調していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース