イチロー キャンプ初日から柵越え5本 “選手”復帰に笑顔「気持ちいい」

[ 2019年2月17日 07:42 ]

<マリナーズキャンプ>充実した表情のイチロー(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 マリナーズは16日(日本時間17日)、野手組のキャンプ初日を迎え、マイナー契約で招待選手のイチロー外野手(45)が米19年目、日米通算28年目のスタートを切った。

 ウオーミングアップ、キャッチボール、外野守備練習、打撃練習などで約2時間半の練習。フリー打撃では7割ほどの力で25スイング中5本の柵越えを放った。

 昨年5月3日に会長付特別補佐に就任し、以降は選手としてのプレーができなかった日米通算4367安打のレジェンド。ファンからは誰よりも大きな声援が飛び「イチロー“選手”って呼ばれるのが気持ちいいよね。うん」と笑顔を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月17日のニュース