西武ドラ1松本航2回完全!鮮烈デビュー おかわりK斬り

[ 2019年2月17日 05:30 ]

西武紅白戦   白組4―0紅組 ( 2019年2月16日    南郷 )

紅白戦の5回から登板し、2イニングを完璧に抑えた松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 おかわりも斬った。西武のドラフト1位・松本航(日体大)が今キャンプ初実戦となった紅白戦に登板。実戦デビューで中村からこの日最速の146キロで見逃し三振を奪うなど2回完全に抑えた。

 「中村さんの最後の球は、しっかり指にかかったのでよかったと思います」。白組の3番手で5回から登板し、外崎、源田をともに初球の直球で外野フライ。続く中村にもひるまなかった。1―2から外角低めいっぱいへ直球をズドン。中村が天を仰ぎ、苦笑いする厳しいコースだった。

 10日のシート打撃でも山川から見逃し三振。強力打線の主砲2人から三振を奪った。宿舎では同部屋の4位・粟津(東日本国際大)に促されて「まず香りからリラックスする」と入浴剤を入れた約30分の入浴で体をケア。小野投手コーチは「ちょっと疲れているので、1度ペースを落とす」としながら「まだ全力じゃない」と、さらなる期待を寄せた。松本航も同じ。開幕ローテーション入りへ「こんなもんじゃないと思っている。もっと上げていきたい」と意気込んだ。(春川 英樹)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース