西武新人コンビが躍動 ドラ7佐藤が先制打 ドラ3山野辺マルチ

[ 2019年2月17日 05:30 ]

西武紅白戦   白組4―0紅組 ( 2019年2月16日    南郷 )

8回1死一、三塁、左中間適時二塁打を放つ山野辺(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の新人野手2人も見せ場をつくった。初回2死満塁で白組の6番、ドラフト7位の佐藤(富士大)が左中間へ先制2点二塁打。「ホッとしたけど、後の打席が良くない」と4打数1安打の結果を振り返った。

 同じ白組の2番に座った3位・山野辺(三菱自動車岡崎)も2回の左翼線二塁打に続き、8回には左中間適時二塁打を放って5打数2安打1打点。それでも「まだまだ課題はある」と貪欲だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース