DeNA “キング”ソト、実戦2試合目で今季1号「前で捉えることができた」

[ 2019年2月17日 14:13 ]

練習試合   巨人―DeNA ( 2019年2月17日    沖縄セルラー )

<巨人・DeNA練習試合>4回無死一塁、ソトは逆転2ランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 キングが実戦2試合目で「今季1号」を放った。DeNAのネフタリ・ソト内野手が「3番・二塁」で先発出場。0―1の4回無死一塁から右中間席への一発に「前で捉えることができて感触はよかった」とうなずいた。

 初実戦だった16日のヤクルトとの練習試合(浦添)では初回の第1打席に左前打。昨季41本を放って本塁打王に輝いた助っ人が、今季4打席目でアーチを架けた。「1打席ごとにボールも見えるようになっている。開幕に合わせて準備していきたい」と頼もしかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース