DeNAドラ2伊藤裕が1軍デビュー即初安打!守備でも好捕 ラミレス監督「凄くよくやった」

[ 2019年2月17日 15:58 ]

練習試合   DeNA3―1巨人 ( 2019年2月17日    沖縄セルラー )

<練習試合 巨人・DeNA>6回1死、伊藤裕は右前打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト2位・伊藤裕季也内野手(22=立正大)が「1軍デビュー」した。

 2軍キャンプに参加中ながらこの日試合参加すると、4回の守備からソトに変わって出場。6回1死で迎えた初打席は、田口のカーブを詰まりながら右前に落として「初安打」をマークした。「緊張感はあったが、自分自身は平常心でやれたのはよかった。この時期なので投手も調整段階だと思う。自信にしすぎずやっていこうと思う」と冷静に話した。

 守備では8回無死から和田恋の一、二塁間への打球をダイビングキャッチしすかさず一塁へ送球しアウトとした。ラミレス監督は「凄くよくやってくれた。もう少し見てみたい。しばらく2軍にいてもらうことになるが、チャンスがあれば呼びたい」と評価。今後も実戦参加する機会がありそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月17日のニュース