名球会フェス ソフトB内川、横浜入団時の25番ユニで登場「夢のような気持ち」

[ 2018年11月24日 13:28 ]

<名球会>集合写真(1列目左から)北別府学、東尾修、江夏豊、若松勉、山崎裕之、柴田勲、土井正博、張本勲、米田哲也、王貞治、山本浩二、小山正明、広瀬叔功、高木守道、松原誠、有藤通世、福本豊、平松政次、山田久志、新井宏昌(2列目左から)古田敦也、小笠原道大、内川聖一、工藤公康、青木宣親、谷繁元信、野村謙二郎、宮本慎也、石井琢朗、アレックス・ラミレス、立浪和義、福留孝介、小久保裕紀(3列目左から)福浦和也、井口資仁、秋山幸二、野茂英雄、中村紀洋、阿部慎之助、田中幸雄、駒田徳広、和田一浩、岩瀬仁紀、黒田博樹、山本昌、高津臣吾、鳥谷敬、佐々木主浩、荒木雅博、前田智徳(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 「名球会ベースボールフェスティバル2018」が東京ドームで開催され、今季、通算2000安打を達成したソフトバンク・内川がセ・パ対抗試合の試合前にトークショーに参加した。

 横浜入団時の25番のユニホーム姿で登場し「こうやって(先輩たちと)同じグラウンドに立たせてもらうのは夢のような気持ち」と緊張の面持ちだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月24日のニュース