中日・福田、来季目標は「4番」12年目で初の規定打席到達

[ 2018年11月24日 05:30 ]

1100万円増の4700万円でサインした福田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・福田がナゴヤ球場で交渉し、1100万円増の推定年俸4700万円で契約を更改した。新選手会長を務めた今季は12年目で規定打席に初到達するなど133試合で打率・261、13本塁打、63打点でも「納得できる数字が残せていない」と言い切り、6年連続Bクラスを「チャンスがあったが、生かせなかった悔しいシーズン」と反省した。

 注目を集めるドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)の加入で来季は内野争いは激化。「毎年一緒だから」と意に介さず、「目標は4番」と主砲・ビシエド超えを目標に掲げた。

 また、球団は京田の背番号が「51」から「1」に変わることを明らかにした。今季付けていた友永は変更となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月24日のニュース