中日・溝脇 50万円減の600万円でサイン 今季1軍出場なし、来季の飛躍誓う

[ 2018年11月24日 15:18 ]

600万円で契約更改した溝脇
Photo By スポニチ

 中日の溝脇隼人内野手(24)が24日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、50万円減の600万円でサインした。

 今季は2軍で90試合に出場し、打率・276を記録。ただ、1軍から声がかかることはなく「上で何もやってないので」と渋い表情だった。

 同じ熊本出身の大先輩、荒木が今季限りで引退。同じ二塁を守る背番号48は「できれば現役でやっているときに(一緒にプレーを)という思いが強かった」と寂しさをにじませ、来季の飛躍を誓った。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月24日のニュース