ロッテ調査中のバティスタ、昆虫の名前に カナダの昆虫学者が命名

[ 2018年11月24日 05:30 ]

ロッテが獲得を狙うホセ・バティスタ外野手(AP)
Photo By AP

 ロッテが獲得調査を進めているメジャー通算344本塁打のホセ・バティスタ外野手(38=フィリーズからFA)が、昆虫の名前になった。

 10年間プレーしたブルージェイズの本拠トロントのあるカナダの昆虫学者が、新種のゾウムシを「Sicoderus bautistai」と命名。バティスタの出身地ドミニカ共和国で発見された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月24日のニュース