巨人、24日にも丸と初交渉 原監督も出席へ「用意できている」

[ 2018年11月24日 05:30 ]

ファン感謝デーで声援に手を振って応える丸(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 巨人は24日にも丸と初交渉に臨むことになった。石井一夫球団社長は代理人と連絡をとっていることを明かし「場所と日時は決まっていない」としながらも「(原)監督には出てもらわないといけないです」と指揮官の出馬を明言した。

 ファンフェスタに出席した原監督も「もちろん喜んで。きちんとした形で伝える用意はいつでもできている。それ(広島に行く可能性)はいかようにも」と出席の意向を示した。同じく獲得を目指すロッテも井口監督が出馬しており、巨人も最大限の誠意を示す。

 指揮官は過去には杉内、村田ら、先日もオリックスを退団していた中島に直電して口説き落としたばかり。丸には直接会い、獲得への熱い思いを伝える。条件面でも球団史上最大級の5年総額30億円超を提示し、背番号は原監督が現役時代に背負った8を用意する。

 新外国人ビヤヌエバ、中島に続き、炭谷の獲得も決まった。今度は丸との交渉に全力を注ぐ。(川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月24日のニュース