中日・三ツ俣 100万円減の600万円「悔しいの一言しかない」

[ 2018年11月24日 14:25 ]

来季は守備で勝負を誓った中日・三ツ俣
Photo By スポニチ

 中日の三ツ俣大樹内野手(26)が24日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、100万円減の600万円でサインした。

 今季は14年シーズン途中に中日移籍後、初めて1軍出場がなく、2軍でも90試合で打率・176と不本意な成績に終わり「悔しいの一言しかない」と唇をかんだ。

 プロ9年目となる来季に向けて「勝負するなら守備で勝負するしかない」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月24日のニュース