中日・木下雄 松坂の背番号18にしょんぼり「ただの98になった」 280万円増で更改

[ 2018年11月24日 12:44 ]

契約更改を終えた木下雄は1軍定着を決意
Photo By スポニチ

 中日の木下雄介投手(25)が24日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、280万円増の700万円でサインした。

 今季、育成から支配下登録選手となった背番号98は、1軍で14試合に登板。「1軍が経験できたのも大きいが、実力がないなと感じた」と振り返った。

 今月20日には第2子となる長男が誕生。家族が増え「もっと頑張らないとなと思いました」と自覚は十分。「とにかくチームの勝利に貢献できるところで投げたい」と意気込んだ。

 支配下登録になった際は「松坂さんの隣や」と背番号99の松坂と並びの98になり喜んだが、松坂は来季から18に変更する。先輩右腕からは「“お先に”と言われました。ただの98になりました」としょんぼり。それでも「8は一緒」と前を向いた。

 この日の未明には出身地、大阪で2025年に万博が開催されることが決定。将来ビジョンを尋ねられ「まず、2020年のオリンピックに出て、25年はすっごい人間になってます!」と宣言。松坂のようにメジャー挑戦かと思いきや「アパレルで成功してます」と珍回答で最後まで報道陣を爆笑の渦に巻き込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月24日のニュース