楽天、聖沢&伊志嶺が引退発表 ファン感でセレモニー

[ 2018年11月24日 05:30 ]

胴上げされる聖沢(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天から戦力外通告を受けた聖沢と伊志嶺が引退を発表し、引退セレモニーが行われた。

 12年に54盗塁で盗塁王のタイトルを獲得し、13年の日本一にも貢献した聖沢は「プロ入りしたときは1試合でも出場できるか不安だったが1000試合以上、プレーできた。120%以上を発揮し、悔いなく終わることができる」とすがすがしい表情。今後は球団に残る選択肢を含めて第二の人生を決める。伊志嶺は球団に残る方針だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月24日のニュース