DeNAソト 規定打席未達30号 7人目珍事なるか

[ 2018年9月12日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―4広島 ( 2018年9月11日    マツダ )

<広・D>4回無死一塁、30号2ランを放ち、伊藤(右)とハイタッチを交わすソト(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 DeNAはソトの記録ずくめの30号2ランが効き、2連勝で4位・阪神に1ゲーム差とした。

 2回に左中間二塁打し、続く4回無死一塁ではバックスクリーンへ。規定打席に10打席足りずに30本塁打だが、このまま未達なら球団初で、12年バレンティン(ヤクルト)以来7人目になる。来日1年目の30発は、球団では03年ウッズ(40本)以来15年ぶり3人目となった。「まさか30本打てるとは思っていなかった。凄くうれしい」。ラミレス監督は「このまま本塁打王になってもおかしくないように映る」とトップ広島・丸に5本差と迫った大砲を称えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月12日のニュース