金足農・吉田「プロを目指す仲間は練習の質も量も違った」U18解団式

[ 2018年9月12日 05:30 ]

解団式でシャキーンポーズを決める吉田(後列右から5人目)ら日本ナイン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 U18アジア選手権で3位に終わった高校日本代表が11日、宮崎市内のホテルで解団式を行い、永田裕治監督は「野球は楽しいもの。一球で他国や仲間とつながれた経験を忘れないでほしい」とナインに言葉を贈った。

 金足農の吉田は「プロを目指す仲間は練習の質も量も違った。見習いたい」と貴重な時間を振り返った。進路は30日から始まる国体終了後に「ゆっくり決めたい」としたが、「いずれはプロに行きたいか」との質問には「はい」と返答。甲子園では大阪桐蔭に敗れて準優勝だったが「(国体でも)決勝で当たりたい。国際大会で成長した自分なら抑えられる」と力を込めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月12日のニュース