北照、新エース桃枝が4回零封!2季連続甲子園へ大勝発進

[ 2018年9月12日 13:33 ]

第71回秋季北海道高校野球大会小樽支部予選2回戦   北照11―0岩内 ( 2018年9月12日    小樽桜ケ丘 )

<北照・岩内>4回無安打の北照エース・桃枝
Photo By スポニチ

 南北海道代表として今夏甲子園に出場した北照が岩内に大勝し、2季連続甲子園に向けて初戦を突破した。新エース桃枝(もものえ)丈(2年)が4回無安打の好投。打線は4番・国方海成(2年)の右中間ソロ本塁打を含む8長短打に7四死球を絡めて得点を重ねた。

 桃枝は「初回は緊張したが、それ以降は気持ちを楽に投げることができた。チームを引っ張っていける投手になりたい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月12日のニュース