2度の悪送球…ソフトB甲斐 汚名返上適時打「取り返したかった」

[ 2018年9月12日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―1楽天 ( 2018年9月11日    楽天生命パーク )

<楽・ソ>4回無死三塁、甲斐が左前適時打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・甲斐が汚名返上のタイムリーを放った。3回に2度、二塁への悪送球で2失策を犯したが、4回無死三塁から左前適時打。

 「自分のミスが失点につながってしまったので何とかして取り返したかった」と振り返った。また、1番・牧原も6回に左前適時打で貴重な追加点を叩き出し「何とか食らいついていった」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月12日のニュース