マリナーズ・岩隈が今季限りで退団へ 「日本球界も視野に」来季も現役続行

[ 2018年9月12日 08:06 ]

マリナーズの岩隈(AP)
Photo By AP

 マリナーズは11日(日本時間12日)、岩隈久志投手(37)が今季限りで退団すると発表した。岩隈は昨秋に右肩手術を受け、今季はマイナー契約からメジャー復帰を目指していた。

 来季も現役を続行する意向で、「日本の球界も視野に入れながら、まだ現役を続けていきたい」とコメントした。

 岩隈は2012年、楽天から海外FA権を行使してマリナーズに加入。1年目の後半戦から先発ローテ入りし、翌年から2年連続で2桁勝利を挙げた。13年はオールスター戦に選出され、15年8月のオリオールズ戦ではノーヒットノーランを達成。16年にはメジャー自己最多となる16勝をマークした。しかし、昨年はメジャー初の未勝利に終わり、9月に右肩手術。今季はマイナー契約からスタートし、8月には傘下1Aの試合で術後初の実戦登板を果たしすと、今月5日の術後3度目の実戦では球速が88マイル(約142キロ)をマークしていた。MLB通算63勝39敗2セーブ、防御率3・42。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月12日のニュース