東北マークス伊藤侃 好投8回2失点 昨年20失点が教訓に

[ 2018年9月12日 05:30 ]

スポニチ後援第43回全日本クラブ野球選手権大会第2日・1回戦   東北マークス3―2NOMOベースボールクラブ ( 2018年9月11日    メットライフドーム )

<東北マークス・NOMOベースボールクラブ>力投する東北マークス・伊藤侃(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 昨年は20失点を喫し初戦敗退したが、この日は東北マークス先発・伊藤侃が8回2失点。

 かつて常総学院(茨城)のエースだった150キロ右腕は、序盤は力で押し、中盤以降は「打たせて取って流れを持ってこよう」と軌道修正して好投した。「去年がなかったら、こういう投球はできなかった」と喜んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月12日のニュース