ラミ監督 5回1失点の東に代打の理由「野球って本当に勢いのスポーツ」

[ 2018年9月12日 22:43 ]

セ・リーグ   DeNA2―7広島 ( 2018年9月12日    マツダ )

<広・D>5回1失点だったDeNA先発の東(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 リリーフ陣がつかまり、逆転負けしたDeNAのラミレス監督がゲームのポイントを振り返った。

―6回2死満塁で東に代打を送り勝負をかけた。

「そこはもちろん点の欲しいところでしたし。野球って本当に勢いのスポーツで、ああいうチャンスでものにしないと流れは向こうにいってしまうもの。東は5回でしたが、直球の精度が全然良くなかったんですけど、それでも何とか、四球も何個か出しましたけど1失点で抑えてくれていたんですけどね」

―雨天中断から再開後に状態が戻ったように映ったが?

「戻ってきて打者1人でしたけど直球が147km出ていたので。ただその次に代打しなければいけなかったというところは、どうしても点を取りたかったので代打を出したんですけどね」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月12日のニュース