岩隈、コーチ就任オファーも辞退「まだできると思いたい」 メジャー7年は「貴重な体験」

[ 2018年9月12日 10:49 ]

マリナーズの岩隈(AP)
Photo By AP

 マリナーズは11日(日本時間12日)、岩隈久志投手(37)が今季限りで退団すると発表した。昨秋に右肩手術を受け、今季はマイナー契約からメジャー復帰を目指していた。岩隈はすがすがしい顔で米球界での7年間を振り返った。

 ―ディポト・ゼネラルマネジャーと会談した。

 「今季は(起用)できないと聞かされた。マイナーでの登板機会が足りず、メジャーに上がる準備ができていないという判断だった」

 ―来季の話は。

 「プレーヤーではなく、コーチとしてサポートしてもらえないかという話はいただいた。まだできると思いたい。家族に野球を続けたいと話したら『今後も支えていきたい』と言ってくれた。すごくうれしかった」

 ―リハビリが長かった。

 「大変だったが、これも一つの経験。自分の財産になっている。寂しく、悔しい気持ちもあるが、7年でとても貴重な体験ができた。チームメートにも恵まれ、感謝の気持ちが大きい」(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月12日のニュース