PR:

巨人 杉内が引退会見「プロ野球選手が一生続くものだと思いたかった」内海からの花束に号泣

会見終了後に内海(右)から花束を受け取った杉内は感極まり涙する(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人・杉内俊哉投手(37)が12日、都内ホテルで会見を開き、今季限りでの現役引退を表明した。

 「私、杉内俊哉は今季をもちまして17年間のプロ野球生活にピリオドを打つことを決意いたしました。引退されるほとんどの選手が自分はもっとできたんじゃないかとか、ケガさえなければとか、そういう気持ちで後悔の念がこみ上げてくるんじゃないかと思います。僕もその一人です。できることならば、最後までマウンドに立って、チームメイトと勝利の余韻に浸りながら、そして何より、子どもの時に夢見た、プロ野球選手が一生続くものだと思いたかったです。でもこうやって引退会見を開かせていただいて、現実なんだなと実感しています。僕の野球人生は、決して順風満帆ではなかったと思います。たくさんの失敗をして怒られて、過ちを犯して、何より、投げるのが恐くて、眠れない日々も過ごしましたし、マウンドを逃げ出したいという気持ちも何回も訪れました。でもマウンドに上がるとたくさんのファンの方々の声援が支えになって、チームメイトの勝ち負け関係なく励まし合って、家に帰ると家族の応援に勇気づけられて、今の自分が成り立っていると思います。17年という、年月が僕にとって長いのか、短いのか、正直分かりませんけれど、ホークスで10年、ジャイアンツで7年、素晴らしいチームメイトに出会って、本当に幸せな野球人生だったと思います。最後にファンの皆様、こんな僕を最後まで応援していただいて感謝しています。ありがとうございました」

 05年に沢村賞を獲得するなど、現役2位となる通算142勝をマークし一時代を築いた左腕だが、15年オフに手術した右股関節に加え、近年は左肩痛にも苦しめられた。

 会見の最後にサプライズで登場した内海から花束を渡された杉内は、右手で顔を押さえて号泣した。

[ 2018年9月12日 17:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月16日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム