平野 抑え転向浮上 守護神不振、指揮官「いろいろな投手見る」

[ 2018年9月12日 05:30 ]

ダイヤモンドバックスの平野(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックス・平野が抑えを務める可能性が浮上した。

 トーリ・ロブロ監督がロッキーズ戦前に、不振のボックスバーガーをクローザーの座から外すと明言。「いろいろな投手を見ることになるだろう」と、当面は打者との相性に応じて最後の投手起用を行うとした。平野は今季69試合に登板し防御率1・91、両リーグトップタイの32ホールドを誇る。試合は地区首位のロ軍に2―13の完敗。平野の出番はなく、ゲーム差は3・5に広がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月12日のニュース