JR東日本、丸子弾で先制も… 堀井監督「板東は責められない」

[ 2018年7月24日 05:30 ]

スポニチ後援第89回都市対抗野球第11日・準決勝   JR東日本2―3大阪ガス ( 2018年7月23日    東京D )

8回無死、大阪ガス・近本に本塁打を打たれ板東はぼう然(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 準決勝で敗戦したチームに贈られる黄獅子旗を渡されても笑顔はない。JR東日本は初回、大不振の丸子が左翼席に先制ソロ。波に乗るはずが、その後は再三好機を築きながら決定打が出ない。同点の8回には今大会3勝した板東が近本に決勝ソロを浴び、涙をのんだ。

 「板東は責められないよ。残念な結果になったけど、選手は成長してくれた」。堀井哲也監督は19歳の右腕・太田をはじめ、若手の台頭に手応えを感じていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月24日のニュース