山口大会で決勝の日程を変更 連日の猛暑で準決勝の後1日空け午前開催に

[ 2018年7月24日 17:48 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会 山口大会

 山口県高野連は24日、決勝の日程を当初の26日午後1時開始から、27日午前9時半開始に変更すると発表した。

 準決勝の早鞆―宇部鴻城、宇部工―下関国際は25日に予定通り開催されるが、連日猛暑が続く中、選手や応援生徒の安全確保を最優先し、準決勝からの連日開催を避けた。これまでも、高野連のサイトで来場の際には飲み物、帽子、日焼け止めなどの準備を呼びかけていた。

 23日には京都でも、猛暑のため準々決勝を2試合行った後、休憩を取って夕方から2試合を開催する措置も行われ。最後の第4試合はネイター開催となり、午後10時37分まで試合が行われた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月24日のニュース