PR:

大谷 中堅へ133メートルの特大アーチ 滞空時間は5・8秒

ア・リーグ   エンゼルス―ホワイトソックス ( 2018年7月23日    アナハイム )

ホワイトソックス戦の4回、8号ソロを放つエンゼルス・大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷が24日に行われたホワイトソックス戦に「6番・指名打者」で先発出場し、4回の第2打席で中越え8号ソロを放った。

 ホワイトソックスの先発・ジオリトが外角に投じた151キロのストレートを見事に捉えた大谷は、7日のドジャース戦以来となる一発。現地メディアがはじき出したデータによると、この本塁打は初速173キロ、角度30度で飛び出し、最高到達点は33メートル、飛距離は132・6メートルで滞空時間は5・8秒という特大アーチだった。

[ 2018年7月24日 14:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月20日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム