セガサミー初芝監督 小刻み継投も惜敗「1点の重み感じた」

[ 2018年7月24日 05:30 ]

スポニチ後援第89回都市対抗野球第11日・準決勝   セガサミー0―1セガサミー ( 2018年7月23日    東京D )

決勝進出ならず応援団にあいさつを終えて引き揚げる初芝監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 セガサミーは9回1死一、三塁の同点機を逃し、初の決勝にあと一歩届かなかった。

 失点は初回の1点だけ。初芝清監督は「ロースコアの展開を予想していた」と、プロ出身らしく、小刻みな6人継投で応戦したが、打線が最後まで藤井の熟練の投球にかわされた。「藤井投手はベテランの投球で、狙いを絞れなかった。初のベスト4で1点の重みを感じさせられた」と振り返った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月24日のニュース