PR:

侍J稲葉監督、ソフト宇津木監督が福島・あづま球場視察 東京五輪へ「楽しみ」

福島県営あづま球場を視察し、握手を交わす野球日本代表の稲葉篤紀監督とソフトボール日本代表の宇津木麗華監督(右)
Photo By スポニチ

 2020年東京五輪で金メダルを目指す野球日本代表の稲葉篤紀監督と、ソフトボール日本代表の宇津木麗華監督が、開幕まで2年となった24日、初戦の日本戦の会場となる福島市の県営あづま球場を視察した。

 県の担当職員に案内され場内を一周し、今後の改修計画の説明を受けた。同球場は11月から来年9月にかけ、総工費13億円を投じ改修作業に入る。全面人工芝化と、フェンスやブルペンの改修などを行う。

 同職員によれば両監督は「五輪仕様になったこの球場で試合を行うのを楽しみにしています」と声をそろえていたという。

 東京五輪は2020年7月24日に開会式を行う。ソフトボールはそれに先駆け22日、野球は29日に、いずれも同球場で初戦を迎える。メーン球場としては横浜スタジアムを使用するが、東日本大震災からの復興と現状を世界へ発信するため、福島市の同球場が初戦の舞台に選ばれた。

[ 2018年7月24日 13:43 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月19日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム