ダル、フリー打撃登板で51球「100点満点で120点」

[ 2018年6月22日 05:30 ]

試合前に投球練習するカブスのダルビッシュ(手前)をベンチから見守るドジャース・前田
Photo By 共同

 右上腕三頭筋の腱炎のためDL入りしているカブスのダルビッシュが、本拠地で実戦形式のフリー打撃に登板した。打者2人に対し計51球を投げ、安打性はわずか3本で「期待していたよりはるかに良かった。100点満点で120点でもいいくらい」と笑顔だった。

 今後は25日に1Aサウスベンドに合流し、4イニング、65球をめどに登板する見通し。見守ったマドン監督も「これ以上は望めない出来だった」と褒めちぎった。 (シカゴ・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月22日のニュース