大谷 29日ごろ再検査、「PRP注射」から3週間後に

[ 2018年6月22日 09:31 ]

「Monthly Shohei」6月編

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷は7日に「PRP(多血小板血しょう)注射」を受け、8日に自身初となる10日間のDLに入った。その後、3日間の安静を経てリハビリを開始。中旬には本拠地で左手だけの打撃練習やダッシュなどを再開した。

 「PRP注射」から3週間後にあたる28日(日本時間29日)ごろに再検査を受け、今後の方針を決める。ビリー・エプラーGMは手術について否定的で、マイク・ソーシア監督も「まずは打席に立ち、その後いつマウンドに戻れるか」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月22日のニュース