中日 劇的押し出しサヨナラ!森監督、苦笑い「勝ったんだか負けたんだか」

[ 2018年6月22日 22:42 ]

<中・D>お立ち台で笑顔を見せる大島(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は3―3の延長11回2死満塁から大島が押し出し四球を選び、サヨナラ勝ち。

 勝利の立役者となった背番号8は「打ってないのでヒーローという感覚はないが、勝てて良かった」ととまどいながらも笑みを浮かべた。

 先発・吉見が7回2失点と好投。8回は2番手・祖父江が何とか無失点で切り抜けたものの、3―2の9回に守護神・田島が中川に同点ソロを被弾。

 土壇場で追いつかれ、延長戦に突入した。10回も1死満塁の好機をつくったが、ビシエドが三ゴロ併殺。嫌な空気が漂う中、何とか白星をもぎ取った。

 森監督は「いろんなことがありすぎて、勝ったんだか負けたんだか分からない」と苦笑いするしかなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月22日のニュース