日大、2季ぶり1部復帰ならず 序盤の失点重く

[ 2018年6月22日 05:30 ]

東都大学野球 1部2部入れ替え戦   日大1―6中大 ( 2018年6月21日    神宮 )

 日大は2季ぶりの1部復帰は果たせなかった。序盤の失点が重く、4点を追う5回1死満塁で4番・八田が放った左翼線への打球がファウル判定。結局併殺に倒れたのも痛かった。仲村恒一監督は「なんとか勝たせてやりたかった」。

 入れ替え戦前には大学がアメリカンフットボール部の問題に揺れたが「試合に集中しよう」と言ってきた。主将の八田は「悔しい気持ちを糧にしたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月22日のニュース