楽天先発・辛島 初回、左手に打球を受け緊急降板

[ 2018年6月22日 18:45 ]

初回2死、近藤の打球を左手に当てた辛島は降板(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天先発の辛島が、いきなりのアクシデントに見舞われた。初回に1、2番を打ち取り、打席には3番・近藤。8球目を打ち返され、打球を利き手の左手に受けてしまい、治療のためベンチへ。結局、マウンドに戻ることなく、そのまま森に交代となった。

 緊急登板となった森は4番・中田に四球を与え2死一、ニ塁といきなりのピンチ。その後、レアードとアルシアに連続適時打を浴び2点を失った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月22日のニュース