雄星8勝!熱投118球で7回無失点 涌井とのエース対決制す

[ 2018年6月22日 22:00 ]

パ・リーグ   西武5―1ロッテ ( 2018年6月22日    ZOZOマリン )

力投する西武先発・菊池
Photo By スポニチ

 西武の菊池雄星投手(26)が7回118球を投げ、5安打無失点の好投。ロッテ・涌井とのエース対決を制し、ハーラートップタイの8勝目を挙げた。

 初回を三者凡退に斬った菊池は、2回も角中、清田から連続三振を奪う上々の立ち上がり。3回以降もロッテ打線から凡打の山を築き、7回を5安打無失点に抑えた。

 打線は2回に斉藤彰の中前適時打で先制。4回に外崎の中前適時打で追加点を挙げると、5回、6回にも得点を奪って涌井をマウンドから引きずり下ろした。

 9回に新守護神のカスティーヨが押し出しで1点を与えたが、5―1で逃げ切り。雄星が8勝目を挙げ、交流戦明け初戦を白星で飾った。

 ロッテは先発の涌井がピンチで粘れず6回途中10安打5失点で降板。打線も好機に一本が出なかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月22日のニュース