ソフトB塚田 同点打 4年ぶりお立ち台「パパやったよ〜」

[ 2018年6月3日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク5―4DeNA ( 2018年6月2日    ヤフオクD )

<ソ・D>7回2死二塁、左前適時打を放つ塚田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・塚田が値千金の同点打を放った。7回2死一塁で代走・城所が2球目に二盗成功。その2球後、カウント1―2から甘く入ったスライダーを左前に運んだ。

 「城所さんから勇気をもらった。良い結果になって良かった」とはにかんだ。14年8月以来の本拠地お立ち台では家族への感謝を口にし、夫人と昨年10月に誕生した長男に向かって「パパ、やったよ〜」と絶叫した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月3日のニュース