阪神・糸原4安打 “リフレッシュ”理由も…前夜先発落ちに燃えた

[ 2018年6月3日 05:30 ]

交流戦   阪神10―5西武 ( 2018年6月2日    メットライフD )

<西・神>6回2死一、二塁、糸原が右前適時打を放つ(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 矢のようなライナーを右へ左へと打ち分けた。「2番・二塁」で2試合ぶりに先発復帰した阪神・糸原が、持ち前の広角打法で4安打1打点、5出塁で3得点の大暴れ。湿りきっていた打線に点火し、15安打10得点の猛攻を呼んだ。

 「一日一日結果を出していこうと思ってやっているだけなんで、今日は結果が出て良かったです」

 初回から快音を響かせた。1死から多和田の内角直球を思い切り引っ張り、右翼・金子侑の頭上を越える二塁打。5月29日のソフトバンク戦以来、15打席ぶり安打でチャンスメークし糸井の右前打で先制のホームイン。零敗を喫した1日同戦からの嫌な雰囲気を吹き飛ばした。

 3回1死からは左前へ流し打ち。5回2死では左中間を破る二塁打を放ち続く福留の中前打で2点目の生還。1学年下の多和田(当時富士大)とは明大時代にも対戦経験があったが「それは関係なく自分の打撃をするだけでした」と、3打数3安打で完勝した。

 極めつきは2点を追う6回2死一、二塁。代わったばかりの左腕・野田のスライダーを鮮やかに右前適時打。相手が右でも左でも、左右に打ち分けられるのが魅力だ。今季は右投手の対戦打率・268に対し、打者が不利なはずの左投手は・318と、頼もしい数字を残している。

 1日の試合で今季初めてスタメンから外れた。片岡ヘッド兼打撃コーチは「開幕からずっと出ていたし、疲れもある。リフレッシュも兼ねて」と説明したが、直前の5月29日からのソフトバンク3連戦では11打数1安打。負けず嫌いな性格だけに悔しさもあったはずだ。試合後は「そういう面でもいい仕事ができたと思う」と言葉に力を込めた。

 1試合4安打は昨年7月9日の巨人戦以来、自身2度目の最多タイ。打率も・289まで引き上げた。なかなか好調が続かない若虎たちの中で、ひと味違う存在感を示している。(山添 晴治)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月3日のニュース