西武・山川 2発も空砲 救援陣乱調9四死球、逆転負け

[ 2018年6月3日 05:30 ]

交流戦   西武5―10阪神 ( 2018年6月2日    メットライフD )

<西・神>7回無死、山川が左越えに16号ソロを放つ(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 西武・山川が今季2度目となる1試合2本塁打をマークした。1点を追う3回2死一塁から右越え15号2ラン。富士大の3学年後輩の阪神・小野の150キロをはじき返し「速かったですね」と振り返った。

 4点を追う7回は左越え16号ソロで今季50打点に到達。それでも、6回以降は救援陣が9つの四死球を与えるなどの乱調で逆転負けを喫しただけに「勝たないとしょうがない」と唇をかんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月3日のニュース