ソフトバンク 交流戦負け無し6連勝!松田が2発含む猛打賞

[ 2018年6月3日 16:23 ]

交流戦   ソフトバンク7―5DeNA ( 2018年6月3日    ヤフオクD )

3回無死、左中間ソロを放つ松田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが接戦を制し、DeNAに3連戦3連勝。交流戦に入ってから負けなしの6連勝とした。ここ5年、1位4回、2位1回と交流戦は無類の強さを誇るが、今年もソフトバンクの勢いが止まらない。

 ソフトバンク先発の武田は初回、簡単に2死を取るも3番・宮崎にヒット。さらに続く筒香には15号2ランを打たれ、早くも2点を献上した。

 その裏、ソフトバンクはすぐさま反撃を開始。2死一、二塁から、デスパイネ・上林の連続適時打であっさり追いつくと、2回は遊撃でスタメン起用の9番・西田が逆転適時打。続く3回には松田に11号ソロ、上林に3試合連続の6号2ランが飛び出し、4点のリードを奪った。

 しかし先発の武田はピリッとせず。4点リードをもらった直後の4回、柴田にソロ、神里に3号2ランを打たれ、この回で降板。1点差まで詰め寄られた。

 その後は両軍の投手陣が踏ん張り0点が続くが、7回に松田にこの試合2本目となる12号ソロが飛び出し7−5とした。

 DeNAは初回、筒香の一発で勢いに乗るも、先発・石田が3回途中で6失点と試合を作れず。チームは3連敗を喫し、借金1となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月3日のニュース