マー2失点も修正6K ブーン監督も納得「好ましい投球」

[ 2018年3月14日 05:30 ]

オープン戦   ヤンキース1―2ツインズ ( 2018年3月12日    タンパ )

ツインズ戦に先発したヤンキース・田中
Photo By 共同

 ヤンキースの田中は2度目の先発で4回4安打2失点ながら、6三振を奪った。追い風の影響もあり2回に2ランを浴びたが、そこから修正し3、4回は少ない球数でアウトを重ねた。

 特にスライダーが有効で主力のバクストン、ケプラーを含む5三振をこの球種で奪った。「着実にステップを踏めていると思うし、今はいろいろと課題が出ていることがいい」。

 課題に挙げていた直球も前回より角度が付いて制球力が増し最速も3マイル上がり93マイル(約150キロ)を計測した。アーロン・ブーン監督も「好ましい投球だった」と開幕投手候補を高く評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月14日のニュース