広島・薮田、乱調5失点 開幕へ不安「いいところ一つもなし」

[ 2018年3月14日 05:30 ]

オープン戦   広島0―5日本ハム ( 2018年3月13日    マツダ )

マウンドで顔をゆがめる薮田
Photo By スポニチ

 広島は先発の薮田が5回4安打5失点の乱調。6三振を奪った一方、6四死球を許して開幕に向けて不安を残す内容に「今日はいいところが一つもなかった」と肩を落とした。

 4回までは53球で1失点にまとめたが、5回に3四球を与え、3安打に味方失策も絡み、一挙4点を失った。昨年、最高勝率のタイトルを獲得した右腕は「切り替えられなかった。各球種の精度を上げて、もっと詰めていきたい」と修正を期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月14日のニュース