三菱重工名古屋、全7投手が登板 佐伯監督「明日を見据えた」

[ 2018年3月14日 05:30 ]

第73回JABAスポニチ大会第3日   三菱重工名古屋6―7パナソニック ( 2018年3月13日    神宮 )

力投する三菱重工名古屋・先発の萩原
Photo By スポニチ

 三菱重工名古屋は1点差で惜敗したが、すでに前日決勝トーナメント進出が決定。この試合は4投手が登板し、これで登録されている7投手全員がマウンドに上がった。

 佐伯功監督は「明日を見据えたもの。全員使って試すことができたのはよかった」と手応え。初優勝に向け「2勝する意気込みはもちろんある」と腕をぶした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月14日のニュース